本当に必然性もなく借りる方はいないでしょう

最近お手軽に使うことができるカードローンですがうっかりしてはいけません、ローン会社は収益を立てて行くために利率を掛けている点です。

お金を貸すのは金融機関ですので当然のことなのですが、ローンの利率というものはけっこう高いです。

グレーゾーンに位置する金利が使われていた時代には29.20%などといった、ものすごい高水準の利息で申込していたのです。

加えてその当時は総量規制というものがなかったですから、恐ろしい勢いで貸し付けていたというわけなのです。

こうして返済が難しくなる人を作り出してしまいお手上げになる方が急増してしまいまいた。

結果総量規制により自分の退路が絶たれることとなってしまったのです。

本筋に戻しますと現在では利子は大幅に低い数値に落ち着きましたが、それでもなお他の金利などと比べてみると高い位置にあることには変わりありません。

借金する元金が低額ならそう重圧には感じないかもしれませんが高い金額の借入をしてしまったら、額に応じて支払いの期間も多くなります ̄、金利を払う額がかなりの数字となってしまいます。

現実に、シミュレーションで算定してみたら合計すると相当の金額を支払いに充てていることに気付くと思われます。

こういったことを当然と受け止めるのか損だと感じるかは人の考え方次第ですが私はこのくらいのお金があるのならいろんなものが買えるのになあと思ってしまうのです。

こんなに多額の利息を返済したくない人は何とかして支払期間を短くするように気を配ってください。

若干でも繰り上げ返しておいたら、引き落し期間を縮めることが可能となります。

本当に必然性もなく借りる方はいないでしょう。

理由があって借入することになるのですから、その後は支払いをほんの少しづつでも少なくする計画性が必要となります。

加えてもっと余力があるような場合には多く引き落しをして早めの支払を心がけるようにしなければならないのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.greenoceansurfing.org All Rights Reserved.